薬物乱用について


薬物乱用とは

薬物を異なった目的、使用方法で使うことを薬物乱用といいます。自分の判断で医薬品を服用するときに定められた量を超え多量に服用することも薬物乱用になります。一度の行為でも薬物乱用です。
薬物乱用によって精神的、身体的にダメージをあたえ多くの場合強い依存が生じ、やめられない状態になります。
何度も使用すると同じ量で同じ効果が得られなくなります。これを耐性といい、より多量に、より多種の薬物に手を出す悪循環に陥ります。
これらの薬物は高額で取引されており、入手するための本人の生活、また家族、友人の生活をも崩し、犯罪にもつながるようになります。
多種多様にあるので、やせられる、元気になる、勉強がはかどるなどの売り文句で誘惑されやすくなっているのが現状です。


唐松薬剤師会として

ただしい知識を持っていただくために薬剤師会では地区の学校などで講演などをしています。

また毎年6月頃に唐津駅付近で街頭麻薬撲滅キャンペーンを行っています。
「ダメ。ゼッタイ。」普及運動 マスコットキャラクター