薬局薬剤師

薬局薬剤師とは
社会保険事務局に登録された保険薬局において[保険薬剤師]、保険医等の交付した処方箋に基づいて医薬品を調剤して患者様に受け渡したり、薬店・ドラックストアで一般用医薬品の販売を通して、患者様にお薬をお渡しする業務を行っています。
薬局を開くことは薬剤師でなくても出来ますが、薬局の管理は薬剤師が行わなくては
なりません。


保険薬剤師の主な業務

お薬の服用歴の管理
薬歴という患者様ごとにお薬の記録をつけ、どのような薬を飲んだ事があるか、
副作用が出たことがあるかなどの大切な情報の記録を行います。

調剤
処方箋に基づいて患者様のお薬を安全かなどの監査を行い、処方箋の内容で疑わしい
事があれば、処方医に対し疑義照会を行ったり、必要に応じてよりお薬を飲みやすくす
るよう工夫して調剤を行います。
?医薬品の情報提供(服薬指導)
処方されたお薬を安全に使用していただくために、必要な情報を患者様に提供します。
また、患者様だけでなく、医師にも必要に応じて薬の効き目や、安全性、品質などの
知識や、最新の情報を提供することもあります。
最近では寝たきりの患者様の家庭を訪問し、服薬指導や管理指導など在宅医療業務
を行っている薬局もあります。

医薬品の情報管理と保管
数多くある医薬品の効果や副作用の情報を収集し、管理しています。
また、供給するための医薬品を、万全を期した品質管理のもとで保管するよう努めて
います。

医薬品・衛生用品の販売
一般用医薬品や包帯・絆創膏・体温計や介護用品などの販売を行ったりしています。



ドラックストア・薬店の薬剤師の主な業務

OTC販売
OTC(市販で購入できる医薬品))に関する疑問に答え、薬効や体質を考慮して、適切な商品を推奨し、適正に使用していただくよう促します。
一般販売業で調剤は出来ませんが、サプリメントなど一般用医薬品の販売を通じ
て、セルフメディケーション(自己治療)の手助けを行います。

店長業務・雑貨販売
売上やコストの管理、商品の仕入れ・発注などを行うこともあります。